文字サイズ

ガレッジ川田が休養 急性肺塞栓症で 「体調を万全にすることに専念」

ガレッジセールの川田広樹
1枚拡大

 よしもとクリエイティブ・エージェンシーは8日、お笑いコンビ・ガレッジセールの川田広樹(45)が急性肺塞栓症(そくせんしょう)のため休養すると発表した。

 事務所によると、川田は数日前から体調不良を訴え、5日に大阪市内の病院で心臓カテーテル検査、心臓CT検査などの精密検査を受けたところ急性肺塞栓症と診断された。今後は通院しながら治療し、2週間程度の自宅療養をする予定。

 川田は事務所を通じ「この度はご迷惑、ご心配をお掛けして大変申し訳ございません。検査の結果、急性肺塞栓症と診断されました。まずはしっかりと体調を万全にすることに専念させて頂きたいと思います。復帰に関しては担当医師、関係各位と相談の上報告いたします」とコメントした。

 急性肺塞栓症とは、俗に「エコノミークラス症候群」とも言われ、肺動脈に血栓が詰まる病気。息苦しさや、息を吸うときの胸痛、動悸、脈拍の増加などの症状があり、心臓から流れる血液量が減って血圧が下がることから、失神なども起こることがある。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス