文字サイズ

クレヨンしんちゃん声優が降板発表 「しんのすけの声を保ち続けるが難しく…」

矢島晶子
1枚拡大

 テレビ朝日系人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の野原しんのすけ役の声優、矢島晶子が29日放送を最後に降板することが1日、分かった。テレビ朝日が発表した。本人から「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなった」と申し入れがあったという。矢島は92年放送開始から26年3カ月、一度も変わらずしんのすけの声を演じ続けていた。7月からのしんのすけ役は現在調整中。

 矢島は92年4月13日放送から26年3カ月、しんのすけの声を担当し続けた。矢島は同局を通じ「キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です」とコメントを発表した。

 テレビ朝日側も「これまで『クレヨンしんちゃん』に生き生きとした、大変魅力あるキャラクター性を吹き込んで頂き、長きにわたって作品を支え続けて頂いた矢島晶子さんの多大なる功績に、番組関係者一同、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました」と感謝のコメントを発表している。

 「クレヨンしんちゃん」は「嵐を呼ぶ5歳児」として、春我部で大活躍。美人のお姉さんと、お菓子のチョコビが大好きで、母を「みさえ~」などと呼ぶ独特の声が特徴。芸能人などの間でも声マネを得意とする人が数多くいる。

 今春にはシリーズ第26作となる映画「映画クレヨンしんちゃん 爆盛カンフーボーイズ~拉麺大乱」が上映されたばかりだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス