文字サイズ

朝丘雪路さん 死去していた 津川雅彦とおしどり夫婦 近年はバラエティーでも活躍

 舞台の記者発表で。夫の津川雅彦と朝丘雪路さん=83年6月撮影
 宝塚歌劇団100周年記念式典に出席した朝丘雪路さん=2014年撮影
2枚

 歌手、舞踊家としても活躍した女優の朝丘雪路(あさおか・ゆきじ、本名加藤雪江=かとう・ゆきえ)さんが4月27日に死去していたことが19日、分かった。82歳。東京都出身。死因は不明だが、アルツハイマー型認知症のため療養していた。葬儀・告別式は近親者で行った。

 日本画家伊東深水を父に持ち、3歳から日舞を始めた。宝塚歌劇団を経て、映画、テレビ、舞台に幅広く出演した。

 1966年から約15年間出演した「11PM」で、司会の大橋巨泉さんが朝丘さんの胸を「ボイン」と表現し、代名詞に。歌手としては「雨がやんだら」(70年)などのヒット曲を持ち、日本舞踊では深水流の家元を務めた。

 プライベートでは73年に俳優・津川雅彦(78)と結婚。翌年、長女で女優の真由子(44)を出産し、おしどり夫婦として知られた。津川の母とのエピソードをつづった著書「嫁姑『赤の他人やほっちっち』」も話題を呼んだ。

 父に溺愛された朝丘さんは、愛嬌(あいきょう)たっぷりなおっとりした「お嬢さまキャラ」の言動でも親しまれ、バラエティーにも引っ張りだこだった。

 11年に旭日小綬章を受章。「自由に楽しく今まできましたのに、その上ご褒美なんて」と語っていた。14年の宝塚歌劇の100周年記念公演ではOGとしてステージを盛り上げた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス