文字サイズ

宝塚歌劇団宙組・真風涼帆 公演初日に抱負「歴史と伝統を背負って」

 宝塚歌劇団宙組のトップスター・真風涼帆と星風まどかが11日、東京宝塚劇場で「天は赤い河のほとり」「シトラスの風」(6月17日まで)の初日公演を前に会見した。

 「天は-」は古代オリエントが舞台の少女漫画をミュージカル化。真風は「宙組20年の歴史と伝統を背負ってやっていければ」と、自覚十分。同じく新トップスターの星風まどかも「高みを目指して成長していきたい」と抱負を語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス