文字サイズ

愛希れいか 「今までの感謝を込めて」退団公演「エリザベート」演じる

 「エリザベート」の制作発表に出席した珠城りょう(右)と愛希れいか=東京・帝国ホテル
1枚拡大

 宝塚歌劇団月組公演「エリザベート-愛と死の輪舞-」(8月24日~10月1日、兵庫・宝塚大劇場。10月19日~11月18日、東京宝塚劇場)の制作発表が8日、都内で行われ、トート役を務める男役トップスター・珠城りょう、今作が退団公演となるエリザベート役の娘役トップ・愛希れいかが出席した。

 集大成となる愛希は「今までの感謝を込めて、エリザベートを務めさせていただく」と思いを口にした。珠城は、1学年下の愛希について「下級生のころから切磋琢磨してきた。努力の人だと思う。舞台に対するストイックさを尊敬している」と言葉を送った。

 2年ぶり10度目の上演となる今作は、宝塚にとって「平成の宝物」(小川友次理事長)で、これまで240万人以上の動員を記録している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス