文字サイズ

NHKのガンダム投票番組 歌1位は森口博子の「水の星へ愛を込めて」、作品は1st

 NHKが5日、BSプレミアムで「全ガンダム大投票」を放送し、3月2日から4月20日に行った投票の結果、作品部門の1位に“ファーストガンダム”と呼ばれる「機動戦士ガンダム」(1979年)が輝いたと発表した。

 同番組は3月2日から公式サイトを通じて「アニメ作品」、「モビルスーツ」、「キャラクター」、「ガンダムソングス(歌)」の4つの項目でファン投票を募った。同サイトによると、投票総数は「174万280票」だった。

 番組の中では作品部門をカウントダウンで発表していくのをメーンに、各作品に登場するランキング上位のモビルスーツとキャラクターを掘り下げて紹介するという形が取られた。ガンダムソングスは2部構成だった番組の第1部最後にまとめて紹介された。

 作品ランキングの1位には、「機動戦士ガンダム」が輝いた。この初代ガンダムの放送から40周年を迎えようとしているが、番組内のインタビューに出演した富野由悠季監督が「『機動戦士ガンダム』以上の人気の出る作品をつくれなかった」と振り返るほど、今なおファンに与える影響は大きい。

 「ガンダムソングス」部門では「機動戦士Zガンダム」の後期主題歌となった森口博子「水の星へ愛をこめて」が1位に輝いた。森口は電話出演し、さまざまなオーディションで落選し続けていた自分に「手を差し伸べてくれたのがガンダム」だったと振り返った。「人生をガラリと変えてくれた作品」と、曲とガンダムにあらためて感謝していた。

 キャラクター部門では、作品ごとに分類したものでは「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」のオルガ・イツカが輝いた。各作品にまたがって登場するキャラも多く、それらを統合したものではシャア・アズナブル(「機動戦士ガンダム」など)が1位。2位にアムロ・レイ(「機動戦士ガンダム」など)が入った。また、モビルスーツ部門では、アムロが「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」で搭乗するνガンダムがトップに立った。

 以下、各部門の上位5位。詳細は同番組の公式サイトに掲載されている。

 【アニメ作品】1位 機動戦士ガンダム(1979年)、2位 機動戦士Zガンダム(1985年)、3位 機動戦士ガンダムSEED(2002年)、4位 機動戦士ガンダム00(2007年)、5位 機動戦士ガンダム逆襲のシャア(1988年)

 【モビルスーツ】1位 νガンダム(ニューガンダム)=機動戦士ガンダム逆襲のシャア、2位 Zガンダム=機動戦士Zガンダム、3位ストライクフリーダムガンダム=機動戦士ガンダムSEED DESTINY、4位 ウイングガンダムゼロ(EW版)=新機動戦記ガンダムW Endless Waltz、5位 フリーダムガンダム=機動戦士ガンダムSEED

 【キャラクター(作品統合版)】1位シャア・アズナブル(クワトロ・バジーナ/キャスバル・レム・ダイクン)=機動戦士ガンダムなど、2位アムロ・レイ=機動戦士ガンダムなど、3位 オルガ・イツカ=機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ、4位キラ・ヤマト=機動戦士ガンダムSEED/機動戦士ガンダムSEED DESTINY、5位 グラハム・エーカー(ミスター・ブシドー)=機動戦士ガンダム00など

 【キャラクター(各作品別)】1位 オルガ・イツカ=機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ、2位 シャア・アズナブル=機動戦士ガンダム、3位 アムロ・レイ=機動戦士ガンダム逆襲のシャア、4位 カミーユ・ビダン=機動戦士Zガンダム、5位 アムロ・レイ=機動戦士ガンダム

 【ガンダムソングス】1位「水の星へ愛をこめて」森口博子=機動戦士Zガンダム、2位「哀 戦士」井上大輔=機動戦士ガンダムII 哀・戦士編、3位「ETERNAL WIND-ほほえみは光る風の中-」森口博子=機動戦士ガンダムF91、4位「BEYOND THE TIME~メビウスの宇宙を越えて~」TM NETWORK=機動戦士ガンダム逆襲のシャア、5位「嵐の中で輝いて」米倉千尋=機動戦士ガンダム 第08MS小隊

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス