文字サイズ

関ジャニ安田、入院していた 自宅転倒で背中を打撲 渋谷脱退会見を欠席

関ジャニ∞脱退とジャニーズ事務所の退所を発表する渋谷すばる(右から3人目)らメンバー=都内のホテル(撮影・金田祐二)
1枚拡大

 7人組グループ・関ジャニ∞の安田章大(33)が自宅で転倒し背中を強打したため入院していたことが15日、渋谷すばる(36)のグループ脱退とジャニーズ事務所の年内での退所を発表した会見で明らかにされた。

 関係者によると、安田は9日に自宅で転倒し背中を強打したという。同日から3日間入院したが、骨折はなかった。安田本人はこの日の会見に同席する意欲があったが、医師の判断で欠席した。

 今後の仕事に関しては調整するというが、関係者は長期休養することは否定した。

 渋谷の脱退、退所については「ともに歩んでいる道中ということもあり、もちろん彼の選択を止めました。必死に止めました」、「関ジャニ∞を支えてくださっているすべての皆さん、ずっと一番近くで応援してくれているエイター(ファンの総称)のみんな。これからも先、関ジャニ∞と渋谷は今まで以上の覚悟をもって日々の仕事に精進していきますので、これからも支えていただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします」などのコメントを寄せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス