文字サイズ

抗がん剤治療中の古村比呂、急に歯の調子が悪化「先生、抗がん剤のダメージ…」

古村比呂
1枚拡大

 がんの再々発を公表し、抗がん剤治療を続けている女優の古村比呂が14日、公式ブログを更新し、急に歯の具合が悪くなったことを打ち明けている。

 古村は「DAEKI」と題した投稿で、「急に歯の調子が悪くなり お世話になっている歯科医院へ」と報告。

 「先生、先日の採血検査の結果 血小板数が少なく 血が止まりにくく なっています。お願いします」と担当医に伝えた古村は、治療後、「先生 私の歯は 抗がん剤のダメージ受けていますか?」と尋ねたという。

 医師は「抗がん剤治療中の方は 唾液がグッと減り 口の中が 乾燥してしまう症状が多いのですが、古村さんは 唾液がちゃんと 出ていますので、大丈夫かと」と説明。

 古村は「おお~そうなんですか。ありがとうございます」と安どし、「そうでした!『唾液を意識して出す』歯科検診で 良くアドバイスを 受けていました これは 気がついた時に 出来る!セルフパワーアップ方法かと 目から鱗のようでした」とつづっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス