文字サイズ

有森也美 恋愛の悩みぶっちゃける「なかなかCまでいっていただけない」

 女優・有森也実(50)が19日、テレビ朝日で放送された「明石家さんまVS悩めるコンプレックス芸能人」に出演。“結婚できない芸能人”代表として登場し、「なかなかCまでいかない」と恋愛の悩みを大胆に打ち明けた。

 織田裕二と共演したフジテレビのドラマ「東京ラブストーリー」(91年)など、清純なイメージが定着していた有森。しかし、この日は「以前お付き合いしていた方がいて。非常に奥手な方(かた)で」と切り出し、「AとBまでいくんですけど、なかなかCまでいっていただけなくて…。20代で一番女盛り(だった時)ですから…男性不信になっちゃって」と思いもよらぬ言葉で、コンプレックスを告白した。

 有森から飛び出した「ABC」にさんまも仰天。隣に座っていた光浦靖子も「打ち合わせで、(有森さんが)『“抱かれない”はダイレクトすぎるんで、言葉変えていいですか』って言ってて、挙げ句、これですか」と大笑い。

 有森は女盛りの20代で男性運がなかったことに、「ちょっと私、情熱的な部分があるので、ガンガンいっちゃってた」とこれまたイメージとは違う衝撃的な発言で驚かせていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス