文字サイズ

「松岡ミタゾノ」帰ってくる 女装に自ら「おかえり!」ノリノリ「なんでも来い!」

 1年半ぶりに復活する「家政夫のミタゾノ」で三田園薫を演じる松岡昌宏
1枚拡大

 TOKIO・松岡昌宏(41)が女装で家政婦を演じ人気を博したテレビ朝日系人気ドラマ「家政夫のミタゾノ」が1年半ぶりに復活することが2月28日、分かった。2016年10月の連続ドラマの続編となる第2弾「家政夫のミタゾノ」(金曜、後11・15)が4月にスタートする。撮影のために再びメイド服に身を包んだ主演の松岡は、鏡に映った自分の姿に「おかえり!」と声をかけ、ミタゾノのスイッチを入れた。

 家庭を崩壊させ、再生へと導く“ダークヒーロー”のオトコ家政婦・三田園が帰ってくる。

 「痛み入ります」が口癖の“家政夫”三田園の活躍を描いた第1弾は、平均視聴率7・7%を記録。視聴者から続編を望む声が大きく、第2弾が決まった。今作では消息不明だった三田園が、ある日突然戻ってくるところから始まり、さまざまな家庭に潜む問題を痛快に一掃していく。

 “家政夫”のインパクトは絶大だった。前作放送期間中は街でも役名で呼ばれるという初めての経験をした。松岡は「ジャニーズ事務所の後輩たちや役者仲間、飲み仲間、街中でも、本当に反響がすごかった」と笑顔。人気のある役だったことを実感した。

 もちろん今回も女装は健在。「案外すんなり戻れたことにびっくり。メイクを終えて鏡に映った自分に思わず『おかえり!』って言ってしまった。自分の中に染み付いて残っていた」と松岡。以前からチャイナドレス姿の要望もあるが、「なんでも来い!」とノリノリだ。

 なお、昨年2月に宗教法人「幸福の科学」に出家した女優・清水富美加(23)は今作には出演しない。清水は三田園とともに働く家政婦役を演じていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス