文字サイズ

瀬奈じゅん 特別養子縁組で母になった「実子として入籍に至った」

 瀬奈じゅん
1枚拡大

 2012年末にダンサーで俳優の千田真司(33)と結婚した、元宝塚月組トップスターで女優の瀬奈じゅん(43)が0歳児と特別養子縁組を行い、母親となったことを26日、所属事務所・東宝芸能の公式サイトで発表した。

 千田も同日、公式ブログで報告。特別養子縁組に至る経緯や子供の性別などは明かしていない。子供は今年の初夏に1歳になるという。

 瀬奈は、「私たち夫婦が、特別養子縁組制度により子供を授かった事。家庭裁判所への申し立てが受理され、晴れて私たち夫婦の実子として入籍に至ったことをご報告させていただきます」と夫婦連名で発表。関係者によると、今月に入って裁判所に認められたという。

 特別養子縁組は、養子となった子供と実子同様の親子関係を結ぶ。女優の向井亜紀(53)は、米国人女性が代理母となり03年に誕生した双子の男児と、09年に特別養子縁組が成立した。最近ではフリーアナウンサーの丸岡いずみ(46)も代理母出産で第1子を授かっており、同制度を使う可能性がある。

 4月に44歳になる瀬奈は、「昨年の初夏に生後5日の我が子を病院まで迎えに行き、その日から三人家族になった我が家は幸せに溢れ、同時に命の重み、親への感謝、様々な感情、感動を体感する毎日です」と母となった幸せをかみしめているよう。3月13日発売の「婦人公論」インタビューでも詳細を語っている。

 瀬奈は09年に宝塚を退団後、女優として活躍。12年末に千田と結婚した。関係者によると、チャイルドマインダーの資格を持つ夫の千田は仕事を控えており、当面は育児に集中するという。

 2人は「我が子はその小さな体ではまだ抱え切れないであろう運命を持って産まれてきました。私たちは常に寄り添い、支え、共にその運命を乗り越えて行く覚悟です」と決意を明かしている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス