文字サイズ

安室奈美恵4万人熱狂 開演20分前から「奈美恵」コール 最後のツアー開幕

 ラストツアーをスタートさせた安室奈美恵=ナゴヤドーム
1枚拡大

 今年9月16日をもって引退する歌手の安室奈美恵(40)が17日、ナゴヤドームで、ラストツアーの初日公演を迎えた。ファン投票の上位曲を中心に「CAN YOU CELEBRATE?」などのヒットナンバーを、衣装8変化を織り交ぜて披露。ツアーは6月3日まで続き、ソロアーティスト史上最多となる75万人(国内のみ)を動員する。

 “最後の旅路”の幕が開いた。昨年9月の誕生日に引退を電撃発表後、初めてのライブ。開演20分前から発生した「奈美恵コール」と手拍子に導かれるように、ステージへ降臨した。競争率6・8倍をくぐり抜け、プラチナチケットを手にしたファン約4万人のボルテージは、一気に沸点に達した。

 歌唱曲はファンのリクエストに応える形で選んだ。280万通を超える応募から選ばれた人気曲に、売り上げ210万枚を記録している最新アルバム「Finally」に収録した新曲を加えて構成。赤のナポレオンジャケットや、黒と金のビーズビスチェなど8パターンの衣装に身を包み、持ち前のダンスパフォーマンスを繰り出した。

 くしくも同じ年に引退する、恩師で音楽プロデューサーの小室哲哉(59)と16年ぶりのタッグとなった「How do you feel now?」も初披露。デビュー25周年の歴史をたどるように、スクリーンには過去のライブ映像が映し出された。NHKのリオ五輪テーマソングで、昨年の紅白歌合戦で歌った「Hero」は、金色のマイクを握りしめて熱唱。五輪を連覇し“銀盤の英雄”となった羽生結弦選手にも届けとばかりに、歌声を響かせた。

 海外6公演を含むラストツアーの初日、万感の思いを込めた30曲でファンの歓喜と感動を誘った安室。2時間40分かけて歌い終えると、誇らしげに右拳を突き上げた。マイクを置くまで、あと211日-。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス