文字サイズ

ピン子「冥土の土産」32年ぶり大河 “大奥のドン”役で会見でも主導権

 俳優・鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷どん」(総合、日曜、後8・00)の追加出演者発表が14日、都内で行われた。新たに出演が決まったのは松田翔太(32)、泉ピン子(70)、大河初出演となる風間俊介(34)、近藤春菜(34)ら江戸編、流刑地の島編などに出演する20人。1986年「いのち」以来32年ぶりの大河出演となるピン子は「冥土の土産になった」などと、会見を爆笑の渦に包んだ。

 ズラリと並んだ出演者。会見では後列に座ったピン子だったが、主導権はしっかりと握った。

 32年ぶりの大河出演とあって「(昔の)大河とえらい違い。お金をかけている。セットも昔は天井がなかった」。続けて「マイクを仕込むのもピピっと(簡単に)なった。いい冥土の土産になった」と感心したピン子。

 演じるのは13代将軍・家定の母で、“大奥のドン”「本寿院」役。難解な薩摩弁のセリフはないが、「江戸城のドン。トップです。私は農村とか漁村(での役)はよくやっていた。江戸城の一番上は『かたじけのうございます』とか(セリフが)ややこしくて。本当に眠れませんでした」と庶民派らしく語るなど、ピン子節全開。

 さらに、主人公・西郷吉之助役の鈴木亮平の笑顔“吉之助スマイル”が他の出演者の間で話題になると、ここでもピン子らしさを披露。鈴木との共演シーンがないため、いきなり「スマイルして!」とおねだり。その“圧”に鈴木がほほ笑んで応じると、「これでよく眠れます。冥土の土産になる」と大喜び。2度目の「冥土の土産」発言で笑わせた。

 ピン子をはじめ、徳川最後の将軍として吉之助の最大の敵となる一橋(徳川)慶喜役に松田翔太、吉之助の盟友・橋本左内役に風間俊介、祇園の芸妓・おゆう役の内田有紀(42)ら、豪華キャストが「西郷どん」を盛り上げる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス