文字サイズ

声優・大木民夫さん死去 X-MENシリーズなど洋画吹替で活躍

大木民夫さん(マウスプロモーション提供)
1枚拡大

 声優の大木民夫さんが14日、89歳で亡くなっていたことが20日までに分かった。所属事務所が公式HPで発表した。大木さんは以前から病気療養中だったという。

 大木さんは1946年にNHK放送劇団研究生となり、1972年から現在の所属事務所に入所し、数々の洋画の吹き替えを担当。「X-MEN」シリーズのプロフェッサーXや、「マイノリティ・リポート」のラマー・バージェス局長、その他にも「オーシャンズ11」「オーシャンズ12」「グラディエーター」「グレムリン2」「ポリスアカデミーシリーズ」などの吹き替えにも携わった。

 アニメでも「フランダースの犬」のアロアの父コゼツや、「劇場版 攻殻機動隊」の荒巻などを担当。ゲームでもハリーポッターシリーズのダンブルドア校長の声を務めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス