文字サイズ

ルーク レイア姫悼む「本当にきょうだいのようだった」

 会見に出席した(左から)C-3PO、マーク・ハミル、アダム・ドライバー=東京・六本木のザ・リッツ・カールトン東京
1枚拡大

 米人気映画シリーズの最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(15日公開)に出演している米俳優マーク・ハミル(66)が7日、都内で来日会見を行い、昨年12月に亡くなった女優のキャリー・フィッシャーさんを悼んだ。フィッシャーさんは同シリーズで、ハミル演じるルーク・スカイウォーカーの妹レイア姫を演じており、「-最後のジェダイ」が遺作となった。

 フィッシャーさんが19歳の時に知り合ったというハミルは「本当にきょうだいのようだった。亡くなったなんて信じられないよ」と沈痛な面持ち。ファンに向け「彼女のモットーの“日々を精いっぱい楽しんで生きる”という思いで映画を見てほしい」とメッセージした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス