文字サイズ

とろサーモン M―1優勝特需で朝から多忙…「ヒルナンデス!」で昼寝も

 M-1優勝から一夜明け、公演のステージに天狗のお面をつけ、人差し指を立てながら登場したとろサーモンの久保田かずのぶ(右)。左は村田秀亮=東京・ルミネtheよしもと
1枚拡大

 3日に行われた漫才日本一決定戦「M-1グランプリ 2017」の決勝で優勝したコンビ・とろサーモンが、歓喜から一夜明けた4日、多くの仕事をこなして、早くも“V特需”に沸いた。

 早朝から生放送の5番組をはしご出演後、東京・新宿の「ルミネtheよしもと」でネタを披露。終わり間際に3日と同様、必殺フレーズ「続行!」と叫んで、爆笑をかっさらった。

 13代目M-1王者の称号を携えて、凱旋したルミネのステージ。久保田かずのぶが天狗のお面をかぶり登場し、No.1をアピールするように、人さし指を頭上にかざした。村田秀亮からは「もう天狗になってる」とツッコミ。「優勝しました。ありがとうございます」と報告して、客席から万雷の拍手を浴びた。

 村田は「こんなに歓迎されるとは、本当にうれしい。M-1からずっと寝てなくて、朝からいろいろ番組に出たんです。最後の『ヒルナンデス!』でコイツ、ぐっすり寝てて」と相方のチョンボを暴露。久保田は「ヒルネルンデス!」と切り返し、「今日はスベってた方がいい気がします。昨日ウケ過ぎたんで、バランスを取らないと」と余裕の態度だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス