文字サイズ

丸山議員 橋下氏とのバトル 維新から注意なしと説明「問題があったとは感じません」

 日本維新の会の丸山穂高衆院議員が26日、大阪市内で取材に応じ、橋下徹前大阪市長が丸山氏のツイッターでの発言を問題視し、批判していることについて、党から注意は受けていないと説明した。また、「間違ったことを申し上げたつもりはない」と話し、謝罪や撤回も行わない考えも示した。

 丸山氏はこの日、地域政党「大阪維新の会」の全体会議に出席。終了後、報道陣の取材に応じた。会議には日本維新の会の松井一郎代表や今井豊副代表、馬場伸幸幹事長らも参加しており、丸山氏は、馬場幹事長や今井副代表らとも言葉を交わしたという。その上で党から注意を受けたかについて「全く(ない)」と説明。続けて「中身について問題があったとは感じない」と自身の立場を強調した。

 事の発端は24日に丸山氏が党の代表選の実施などを求めたツイッター投稿。「若造に言われんでも代表は言うだけの人ちゃうし、ちゃんとやりまっせですね、失礼をば」などと記したことに対し、橋下氏がその言葉づかいを問題視。代表選実施は「やればいい」と妥当としたうえで、「言葉遣いから学べ、ボケ!」「物には言い方がある」「丸山のボケ」と批判を展開している。橋下氏は26日未明には、「こういう国会議員が一番嫌いなんです」として党の法律顧問を辞任したことも明かしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス