文字サイズ

小田ゆりえ 珍名ボクサーの兄の愛「ビシビシ感じる」 マツコと共演で褒められた

日本一長いリングネームを持つボクサーの兄について語った小田ゆりえ
日本一長いリングネームを持つボクサーの兄について語った小田ゆりえ
日本一長いリングネームを持つボクサーの兄について語った小田ゆりえ
3枚3枚

 タレントで園田競馬の8人組ガールズユニット「SKNフラッシュ8」に所属する小田ゆりえ(27)が20日、園田競馬で取材に応じ、19日に放送された「アウト×デラックス」(フジテレビ系)に出演したときのエピソードを語った。

 兄は日本一長いリングネームを持つボクサーのジャンボ織田信長書店ペタジーニ(29)。同番組のゲストで呼ばれた兄は、本気で妹が好きで、中学生のときに告白しそうになったとのこと。今でもチャンスがあれば「抱きつきたい」と番組で語っていた。この件に関して小田は「今でもビシビシと感じますね」と、兄の愛を感じ取っているようだ。

 兄の本業・ボクシングについて、小田は「ガードしたら相手が見えないって、腕を下げるんです。すると簡単に殴られちゃう。殴られてばかりなんです」と心配する。7月30日に負けて以来は「ヘコミ期ですね」と休養中とのこと。だが「センスはあるんだから、頑張ってほしいですね」と兄の復活を願っていた。

 番組中にMCのマツコ・デラックス、矢部浩之から「かわいい」と連発された小田。収録後もマツコから「上手にしゃべるわね。ありがとね」と言われ、関西でタレントをやっていることを告げると「そうなんだ。だから上手なんだね」と何度も褒められたことを明かし「とてもうれしかったです」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス