文字サイズ

砂羽が土下座を「うながしたのは事実」 降板2女優の事務所社長がナマ反論

13日の舞台初日後、会見で涙ぐむ鈴木砂羽=都内
1枚拡大

 女優・鈴木砂羽が初演出と主演を務める舞台「結婚の条件」で、出演予定だった女優の鳳恵弥と牧野美千子が初日の2日前にあたる今月11日に降板した問題で、鳳と牧野の所属事務所社長である関口忠相氏が14日、フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」に生出演し、パワハラ行為を否定した前日13日夜の鈴木の主張に生反論した。

 鳳はブログで、鈴木が謝罪するプロデューサー、脚本家の江頭美智留氏と牧野に対して「ぬるいわね」と、さらなる謝罪を暗に要求し、鳳の土下座に至ったと主張している。

 関口氏は、前夜の鈴木の会見では「ぬるいわね」についての言及がなかったことから「鈴木さん側から『ぬるいわね』を言った言わないは(テレビで鈴木の会見を見た範囲では)聞いていない。細かいことのご否定はしていただいていますけど、砂羽さんサイドから言われてないところをみると、このことについてはそうなのかなと思う」と指摘。

 鳳が土下座したところ、鈴木が「私だけじゃなくてあちら(共演者)にも」と言ったという鳳の主張については「それ(鳳の土下座)を受領(じゅりょう)した上で、それを『あちらに』という行為をしてしまったことには、(土下座の)強要という言葉遣いをするとすごく過激になるのかもしれませんから。ただ、(土下座を)うながしてしまったのは事実ですし、その状況を受け入れてしまっていること、または、自分が発言していく中で出て来ることの中であるのかなというふうに思っております」と説明した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス