文字サイズ

斉藤由貴 無期限休養 …ラジオ「オールナイトニッポンMUSIC10」レギュラー

 「オールナイトニッポン MUSIC10」出演を無期限休止する斉藤由貴
1枚拡大

 妻子ある50代の医師とのダブル不倫を認めた女優・斉藤由貴(51)が、木曜パーソナリティーを務めるニッポン放送「オールナイトニッポン MUSIC10」(後10・00)の出演を、14日放送分から無期限で休止することが13日、分かった。都内で行われた同局の定例会見で発表された。斉藤をイメージキャラクターとして起用している、同番組スポンサーのCMも、14日から差し替えられることになった。

 2015年10月から番組を担当していた斉藤の休養は、不倫相手の医師の“女性パンツかぶり写真”が報じられた12日に決定したという。リスナーから厳しい意見も寄せられており、ニッポン放送の岩崎正幸社長は「所属事務所と検討しました。本人の今の状況を考えると(生放送は)難しいというところで、しばらく休むという判断となりました」と説明した。

 先月3日の会見で1度は不倫を否定した斉藤について、松浦大介編成局長も「ただの不倫ではなく、最初の会見、その後に出てきた写真も含めた総合的な判断」とし、初期対応のまずさを指摘した。斉藤は7日の放送で「飯がまずい毎日を送っている」と話すなど、「オールナイト-」出演を続けていた。

 休止期間は無期限となるが、急きょ決まったため、代役は同局の女性アナウンサーらがこなす予定。降板の可能性は未定とした。番組では「斉藤由貴さんも愛飲10年目」というナレーションでエミネット「天使のララ」のCMが流れていたが、こちらも中止となる。

 50年の歴史を誇るオールナイトニッポンで、不祥事によるパーソナリティーの一時休養はビートたけし(70)の前例がある。1986年12月の女性スキャンダルを発端とした「フライデー襲撃事件」を巡る芸能活動休止に伴うもので、このときは半年後に復帰した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス