文字サイズ

イモト デヴィ夫人に「バケモノ!」と言われインプラント治療

 お笑いタレントのイモトアヤコ(31)が22日、日本テレビ系「しゃべくり007」に出演。デヴィ夫人にガタガタの歯並びを「バケモノ!」と言われたことがきっかけで、人工の歯を埋め込むインプラント治療を受けたことを明かした。

 「イッテQ!」の海外ロケで現在は「(年の)半分は海外、半分が日本」という生活を送り、5月は日本に6日間しか滞在できない多忙ぶり。つかの間の日本でのオフについて聞かれると「歯医者とか整体とかメンテナンスに通ってます」と話し、「最近、インプラントをやってて」と告白した。

 もともと八重歯がトレードマークだったが、海外ロケで虫歯がひどくなると、虫歯になった歯を強引に抜いてしまう“治療”のせいで、さらにガタガタ状態に。「ネパールとルワンダで(抜かれた)。向こうは(虫歯になると)即刻、『抜きましょう』。麻酔もなく、本当に痛かった」と振り返った。

 「もともとガタガタだった」歯並びだが、インプラントのきっかけはデヴィ夫人。「デヴィ夫人に“ド正面”で『このバケモノ!』って言われて。もうショックで。治さなきゃ、って」と決意したことを明かしていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス