文字サイズ

中村獅童が初期の肺がんを発表 「奇跡と言われるほどの早期発見」と説明

 歌舞伎俳優の中村獅童(44)が初期の肺がんであることが18日、分かった。松竹を通じて報道各社へFAXを送信した。FAXによると、定期的な健康診断で発覚したといい、今後は入院、手術を行うという。これにより予定されていた6月の博多座、7月の歌舞伎座は休演することも合わせて発表された。

 獅童は直筆FAXも送信し「今見つかったのが奇跡と言われる程の早期発見で、この状況ですぐに手術をすれば完治するとの担当医師からのお言葉でした。入院まではお受けした仕事を精一杯つとめますが、やむを得ず六月博多座及び歌舞伎座七月公演を休演することを断腸の思いで決断いたしました」とつづっている。

 獅童は直近では4月29、30日に行われた「ニコニコ超会議」での「超歌舞伎『花街詞合鏡』に出演。今後は6月2日からの「六月博多座大歌舞伎」「歌舞伎座 七月大歌舞伎」に出演予定だった。

 獅童は2015年1月に11歳年下の一般女性と結婚している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス