文字サイズ

サブちゃんに義理の息子・北山たけしが懇願「こっち(歌の世界)に戻って来て」

新曲「霧笛の酒場」のプレミアムイベントで鏡開きをする北山たけし=東京・J-SQUARE SHINAGAWA
新曲「霧笛の酒場」のプレミアムイベントで鏡開きをする北山たけし=東京・J-SQUARE SHINAGAWA
新曲「霧笛の酒場」のプレミアムイベントで鏡開きをする北山たけし=東京・J-SQUARE SHINAGAWA
新曲「霧笛の酒場」のプレミアムイベントを行った北山たけし=東京・J-SQUARE SHINAGAWA
4枚4枚

 歌手の北山たけし(43)が8日、都内で新曲「霧笛の酒場」のプレミアムイベントを行い、師匠で義父の北島三郎(80)に「こっち(歌の世界)に戻ってきてほしい」と懇願した。

 北島がオーナーの競走馬キタサンブラックは4月30日に天皇賞・春を連覇し、G1で4勝目を挙げた。北山は「(師匠には)ブラックのルーティンがあるんですよ。同じホテルの同じ部屋に泊まって、前の日はちゃんこを食べる。そして金馬(こんま)さんという運転手を指名して競馬場に行くんです。競馬場ではみんなでカツカレーを食べるんです」と北島の“必勝ルーティン”を披露した。

 キタサンブラックは10月の仏凱旋門賞出走も取りざたされている。北山は「宝塚記念(6月25日、阪神)次第なんじゃないでしょうか」と推測したが、関係者によると北島は「フランス語を勉強する」と口にしているそうで、すっかりその気だという。

 今後もキタサンブラックと北島の動向は注目を浴びそうだが、北山は「師匠は馬の方に入れ込んでいますが、こっち(歌の世界)に戻ってきてほしいです。ブラックはレコード(新記録)を出しましたが、(師匠は)レコード出すのは俺の仕事と言ってますから」と複雑な心情を吐露した。

 イベントでは「霧笛の酒場」に加え、来場者のリクエスト曲「ブランデーグラス」などを歌唱し、さらなるヒットを願って鏡開きも行った。北山は「ブラックにおんぶするだけじゃなく、歌で事務所の柱の一本になりたい」と誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス