文字サイズ

京唄子さん葬儀 「日本一!」拍手で見送る 長女「もう一度舞台に」

京唄子さんの遺影を持つ長女・節子さん、位牌を持つ夫・清家照行さん=大阪市内
しめやかに執り行われた京唄子さんの葬儀告別式=大阪市のやすらぎ天空館(撮影・佐藤厚)
親族によって運び出される京唄子さんのひつぎ=大阪市のやすらぎ天空館(撮影・佐藤厚)
3枚3枚

 6日に肺炎のため89歳で亡くなった女優、京唄子さんの葬儀・告別式が8日、大阪市阿倍野区の斎場で営まれ、近親者ら50人が参列した。

 出棺の際には参列者の男性が「京唄子、日本一!」と声を張り上げ、皆が拍手で見送った。

 参列者によると、葬儀では長女の節子さん(67)が、あいさつし「小さい頃、母と京都で暮らしていた頃を思い出します」「母は『もう一度、国立文楽劇場の舞台に立ちたい』と言っていました。残念です。立たせてあげたかったです」と語ったという。

 国立文楽劇場は、京さんが率いた「京唄子劇団」が08年に代表作「浪花のれん」を上演した舞台。この日は、同劇団で活動した谷光典さん(66)ら後輩役者らも参列。谷さんらは「仕事が生活の全ての方でした」「ずっと芝居を続けていただきたかった。回復されて、また舞台に呼んでいただきたかったです」と残念がった。

 元劇団員の女性らは、おととしの京さんの誕生日に自宅に見舞ったことを明かし「あの時は、お元気そうにお話になっていたのに」と声を詰まらせていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス