文字サイズ

さっしー、水着熱湯風呂 昨年の総選挙V公約や~っと実行

“なこみく”から熱湯風呂に落とされる 
 水着姿でファンにアピールする指原莉乃
2枚

 アイドルグループ・HKT48の指原莉乃(24)が1日、さいたまスーパーアリーナで行われたHKTのコンサート「春の関東ツアー2017 本気のアイドルを見せてやる」で、昨年の選抜総選挙出馬の際に「1位になったら実行する」としていた「水着熱湯風呂」の公約を果たした。3月31日に立候補が締め切られた、第9回選抜総選挙については、あらためて「今年が最後」と宣言。前人未到のV3に向け、ファンに応援を呼びかけた。

 ファンも忘れかけていた公約が10カ月の時を経て実現した。昨年5月、総選挙を前にした「政見放送」内で、V公約として、コンサート中に事務所の先輩であるダチョウ倶楽部のネタ「熱湯CM」を行うと話した指原。総選挙では史上初の連覇を成し遂げたが、公約は果たされずにいた。

 この日は、コンサート中盤にダチョウ倶楽部のVTRが流れ、上島竜兵(56)が指原に公約実現を迫った。直後に姿を見せた指原は、NMB48の曲「ジッパー」の間、仕切り越しに“生着替え”しビキニ姿に。「今年も1位を取って、水着でコンサートをするぞ!」と3連覇を宣言した。

 ここで終われば、一昨年6月に一昨年の選挙の公約を果たした「水着コンサート」と同じ。だが、続いて披露したNMBの曲「ナギイチ」中に、メンバーが舞台袖から熱湯の張られた風呂を持ち込んだ。指原は「本当に熱そう!」と尻込みしたが、熱湯ギリギリの部分に立っていたところを、矢吹奈子(15)と田中美久(15)に引っ張られ、熱湯の中に転落した。

 「熱い!熱い!」とわずか1秒で湯から飛び出した指原。偉大な先輩のようにはいかなかったが、それでも公約を果たした心意気にファンは拍手喝采。指原は熱さに動揺したのか、今年が最後の選挙と宣言しているにもかかわらず「来年も1位にしてくれるかな?」と呼びかけてしまう一幕も。会場からは「いいとも!」の大歓声が上がったが、指原は「よろしくお願いします…。熱いのではけます」と弱々しく笑い、舞台袖に消えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス