文字サイズ

友が明かす渡瀬さん秘話 大原麗子さんとの結婚…離婚

渡瀬恒彦さん
1枚拡大

 俳優の渡瀬恒彦(わたせ・つねひこ、本名同じ)さんが14日午後11時18分、多臓器不全のため都内の病院で死去した。72歳。硬派な役者人生の一方で、渡瀬さんは2009年に死去した女優の故大原麗子さん(享年62)と情熱的な恋愛の末に結婚、そして失意の離婚を経験した。親交の厚かった2人の友が、人間味あふれる渡瀬さんの秘話をデイリースポーツに明かした。

 映画「鉄砲玉の美学」や「狂った野獣」でタッグを組んだ中島貞夫監督(82)は「ある日、恒さんが大原麗子さんを連れて京都にある私の家にやって来た。『結婚するんで嵯峨に家を探している』と言うので私はビックリした」と懐かしそうに振り返った。

 当時、東映では渡瀬さんは下積み役者による“ピラニア軍団”の親玉的立場。すでにトップスターだった大原さんより格下だった。中島監督は周囲と大原さんへのアタックを渡瀬さんにそそのかしたが「本当に結婚するとは思わなかった」と“格差婚”に仰天したという。

 「本当は優等生なのに“やんちゃ”であり続けた恒さん。兄の渡哲也さんと比べて“賢兄愚弟”なんて我々はからかったが、私はその“やんちゃ”さがかわいかった。たまらなく好きだった。麗子さんもそうだったのかもしれない」と中島監督は推測した。

 1973年にゴールインした2人だったが、78年に離婚。甘い時間は長く続かなかった。渡瀬さんの親友で、40年来の付き合いだった俳優の江藤潤(65)は離婚後の渡瀬さんの様子について、「直後はショックが手に取るように分かった。当時、一緒に飲みに行くと、いつもどっぷりと落ち込みながら痛飲していた」と語った。「泥酔した揚げ句に(江藤の家に渡瀬さんが)泊まっていったこともあったんですが、涙ながらに飲んで、めったに歌わないのにカラオケで歌ってましたね」と意外な素顔を披露した。

 江藤は「南極物語」や「戦国自衛隊」などで渡瀬さんと共演。「恒さんは、現場では周囲がピリピリするくらいビシッと決める人なんですが、ああいう(痛飲するような)一面もあったんですよね」と懐かしそうに振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス