文字サイズ

坂上忍 土屋アンナに同情 舞台降板裁判長引き「多少マイナスイメージも」

 俳優の坂上忍が、MCを務める14日のフジテレビ系「バイキング」で、舞台降板を巡る裁判で勝訴が確定したモデルの土屋アンナに同情した。

 土屋との共演も多いという坂上は「かわいそうでしたね。時間がかかることで、多少はマイナスのイメージも受けちゃうんじゃないの?」と、長くこの裁判にとらわれ、ネガティブなイメージにつきまとわれることになった土屋に同情しきり。

 「出る側って、絶対的に間違ってないと思っても、裁判起こしちゃうと逆にマイナスのイメージがついちゃうから、泣き寝入りって人けっこういると思うけど」と、土屋と同じ出演者側としての事情を説明。ベテランの俳優として「僕らの年齢で降りるだ降りないだってなかなか言えない。そこら辺が日本の物作りの曖昧なところ」と、製作の現状にも警鐘を鳴らした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス