文字サイズ

宝塚音楽学校103期生卒業公演 2年間の成果を披露

日本舞踊を披露する宝塚音楽学校第103期生=宝塚バウホール
1枚拡大

 タカラジェンヌを育成する宝塚音楽学校第103期生40人の卒業公演となる文化祭が25日、兵庫県宝塚市の宝塚バウホールで開催された。

 文化祭は3部構成で歌、演技、ダンスと、2年間の成果を披露した。演技ではA・B組に分かれ役者が中世の貴族社会の悲恋を演じる劇中劇に挑戦。A組では大川真奈さん、B組では広田有希乃さんが主演した。

 文化祭は26日まで。103期生は3月2日に卒業式と宝塚歌劇団入団式を行う。その後4月21日に、宝塚大劇場で開幕する雪組公演「幕末太陽傳/Dramatic“S”!」で初舞台を踏み、ラインダンスを披露する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス