文字サイズ

YOSHIKI、自殺した父を語る「心の傷は一生消えない」

YOSHIKI
1枚拡大

 人気ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIが9日、フジテレビ系「ノンストップ!」で、10歳の時に自殺した父への思いを語った。

 番組では、来月3日にX JAPANのドキュメンタリー映画が公開されることに先立ち、YOSHIKIにインタビュー。その中でYOSHIKIが10歳の時に自殺した父への思いも明かしている。

 YOSHIKIは、自身が10歳の時に父が自殺した。「当時、器楽クラブの活動で夏休みに(学校へ)行っていて、帰ってきたら父が床に寝ていた。顔色が青くて、子供心にも何かおかしいと思った」と当時を振り返った。両親は呉服店を経営し、暮らしは裕福。動かなくなった父を見て「生きていないんだなということしか…」と口にすると、YOSHIKIはしばらく絶句。そして「母親も何も口にしなかったし、しゃべらなかった」と絞り出すように語った。

 YOSHIKIの頭の中には「家族を残してなぜ?」という疑問がずっと離れなかったという。ただ「(原因が)わかったところで父が帰ってくるわけじゃない」ともコメント。結局今でも自殺の原因はわからないという。そして辛かったのは母親だったとも話し「父のことは会話もしない。父の遺品は全部捨ててしまった」と、残された母親のことも思いやった。

 そんなYOSHIKIを支えたのはやっぱり音楽だったという。「ロックと出会って、どうしていいか分からないネガティブなエネルギーを、母親が買ってくれたドラムセットひたすらたたいて…」と没頭。そのまま音楽の道に進み、父への思いを込めた「Tears」の大ヒットにつながっていったという。

 YOSHIKIは最後に「命を断ってしまってはいけない。命は自分だけのものではない」と訴えた。「ぼくは残された人になってしまったが、心の傷は一生消えない。この傷と一緒に生きていくしかないんです」とも話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス