文字サイズ

鶴久政治 チェッカーズはデビュー3年間給料5万円 住まいは寮で7人ざこ寝

 元チェッカーズの鶴久政治(52)が20日、カンテレの「快傑 えみちゃんねる」に出演し、デビューしてすぐに爆発的に売れたものの、給料は長らく5万円だったことを明かした。

 グループは1984年に「ギザギザハートの子守唄」でデビュー。鶴久は「(2曲目の)涙のリクエストがヒットしまして、それにつられてデビュー曲も売れて、3曲目の『悲しくてジェラシー』も売れたんです」と振り返った。

 TBS系の人気音楽番組「ザ・ベストテン」に3曲同時に入ったこともあったという。鶴久は「その時、給料は1人5万円だったんです」と明かし、MCの上沼恵美子は「そんなもんですか」と驚いた。

 鶴久の実家には「息子、売れてるね。お金貸して」と借金を申し込みに来る人がいたそうで、鶴久は「平気で来る人ばっかり」と話した。いつごろまで5万円だったのかを聞かれ、鶴久は「デビューしてすぐ売れたんですけど3年くらいは5万円だった。寮に住んで7人がざこ寝みたいな状況で。シャワーも1個しかなかった」などと華々しくデビューしたものの、裕福な状況ではなかったことを明かした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス