文字サイズ

沢田研二 ライブで「高齢者の定義」にもの申す 准高齢者に高齢者「ほっといて!」

熱唱する沢田研二=NHKホール(撮影・棚橋慶太)
熱唱する沢田研二=NHKホール(撮影・棚橋慶太)
熱唱する沢田研二=NHKホール(撮影・棚橋慶太)
熱唱する沢田研二=NHKホール(撮影・棚橋慶太)
4枚4枚

 歌手の沢田研二(68)が8日、東京・NHKホールで、毎年恒例の正月ライブの初日公演を迎え、50周年イヤーをスタートさせた。1967年にザ・タイガースでデビューして半世紀。新曲「ISONOMIA」(3月11日発売)の初披露などで深みが増した歌声を響かせ、ジュリー節もオープニングからさえ渡った。1曲目の「福幸よ」に続きファン3600人に新春あいさつを終えると、日本老年学会が年明けに見直しを提言した『高齢者の定義』に物申した。

 「74歳までが准高齢者で、75歳からが高齢者…ほっといてぇな!老人と思ってるのに、急に老人じゃないと言われた。若い人が何とか年寄りをボランティアで使おうという、魂胆が見え見え。准高齢者という新しい種族にたてまつられたようです」。来年には古希のベテランが、元気いっぱいに自虐ネタを放った。

 デビュー50周年は精力的に活動予定で、7月から半年かけて60カ所以上を回る記念ツアーを発表。「50曲という数字にこだわりたい。1コーラスずつにする。それしか手はない。皆さん、(曲の)2番は分からないでしょ!?」と“メモリアルプラン”を打ち明けた。5月からは音楽劇「大悪名」の全国公演も控えており、パワフルに節目を駆け抜ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス