文字サイズ

梅宮辰夫 がんからの復活アピール 体重7キロ減も「何でも食べてます」

高橋克典(中央左)のサングラスを手に取っておどける梅宮辰夫(中央右)=東京・神宮前 
1枚拡大

 俳優の梅宮辰夫(78)が6日、都内で行われたインターネット放送局、AbemaTVのドラマ「特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル」(7日スタート。土曜、後11・00)の完成発表会に主演の高橋克典(52)らと出席した。昨年7月に十二指腸乳頭部がんの手術を受けた梅宮の復帰作で、同11月から撮影に参加。体重が一時的に11キロ減ったと明かしたが、「体調は徐々に良くなってます」と復活をアピール した。

 大手術を乗り越え、見た目こそ以前よりほっそりしていたが、“辰兄ぃ”の話術と役者魂は健在だった。

 冒頭、高橋は「みんな変わらず、健康な姿でお会いできて何より」とあいさつして梅宮の顔をのぞき込む、愛あるいじり。高橋の上司を演じる梅宮が「この番組は私がいないと始まらない。だよな!?」と豪語すると、高橋は「どういう状態でも引きずりだそうと考えてました」と応じた。

 梅宮は昨年7月下旬、早期の十二指腸乳頭部がんで12時間にも及ぶ手術を受け、十二指腸と胆のうの全部、すい臓と胃の一部を摘出した。体調を心配する声に「がんですから。2年間は様子を見ないとね」と慎重な姿勢を見せつつ「今のところ何でも食べてますし、体重は11キロ減りましたが、4キロ戻りましたし、大丈夫です」と復調を印象づけた。

 ドラマは人気シリーズ5年ぶりの新作。前シリーズ最終回でNGを11回出したという梅宮が「信用をなくしたので役が回ってこないと思ってた」と自虐ネタを放つと、高橋は「今回はあまりにセリフが完ぺきで、逆に大丈夫かなと思ってました」と珍フォロー。息のあった掛け合いで会見を盛り上げた。

 梅宮は「前回の汚名をすすがないといけないのでそこそこ必死でした。セリフ覚えを毎朝3時からやりました!!」と声を大にして影の努力を打ち明け、変わらぬ役者魂を見せていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス