文字サイズ

吉本新喜劇の島木譲二さん死去 もう見られない「大阪名物パチパチパンチ」

 「大阪名物パチパチパンチ」「ポコポコヘッド」などのギャグで人気を博した、吉本新喜劇の島木譲二(本名・濱伸二=はま・しんじ)さんが16日午前9時6分、脳溢血のため入院先の大阪市内の病院で死去した。72歳。同日、所属のよしもとクリエイティブ・エージェンシーが発表した。兵庫県尼崎市出身。通夜は17日午後7時から、葬儀・告別式は18日正午から、いずれも大阪市の新大阪典礼会館で。喪主は妻の濱昭子(はま・あきこ)さん。

 コワモテの風ぼうに体を張ったギャグ、そして人情味あふれるトークで関西の人気者として、吉本新喜劇の屋台骨を支えてきた“鉄人”が、静かにこの世を去った。

 島木さんは10年冬に体調を崩し、11年1月から大阪市内の病院に入院し、同2月には早期の回復を目指すため、自宅で療養に専念することを発表していた。以降は入退院を繰り返しながら治療を継続。だが、舞台復帰の願いはかなわず、この日容体が急変し、帰らぬ人に。最後は病室で妻にみとられた。

 島木さんは元プロボクサーで、大阪新和ジム(現・新日本大阪ジム)に所属。西日本ミドル級新人王を獲得するホープだったが、80年11月に吉本興業に入社し、新喜劇俳優として舞台を踏んだ。

 その後は自らの肉体をフルに生かした芸でスターダムにのし上がった。腕で胸にチョップを繰り返す「パチパチパンチ」、灰皿で頭をたたく「ポコポコヘッド」、一斗缶で頭をたたく「カンカンヘッド」など、独自の芸風で吉本新喜劇の人気をリードした。

 その強烈なキャラクターで俳優としても活躍。99年から放送されたテレビ朝日系の人気ドラマ「京都迷宮案内」シリーズでは、刑事役で独特の存在感を示して話題となった。

 また、元プロだけにボクシング熱は高く、休養に入った11年2月11日には、大阪・興国高校の後輩である井岡一翔のWBC世界ミニマム級タイトルマッチを神戸ワールド記念ホールで観戦。「体調はまあまあ。体は大丈夫ですよ。ちょっと腎臓の数値が上がってるので、落としてますねん」などと明かしていた。

 90年代前半、全国で吉本新喜劇ブームが巻き起こった際も、桑原和男(80)、チャーリー浜(74)、池乃めだか(73)、間寛平(67)らとともに、人気を支えた島木さん。誰よりも舞台を愛し、現場にこだわっていた男が最後に立った舞台は、10年12月26日、なんばグランド花月で吉本新喜劇出演だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス