文字サイズ

ノンスタ石田 相方・井上の当て逃げを謝罪「泣きじゃくってた」

相方・井上裕介のひき逃げ事件を謝罪したNON STYLEの石田明=東京・立川市内
3枚

 お笑いコンビ・NON STYLEの石田明(36)が16日、東京・立川市のたましんRISURUホールで行われたライブに出演。楽屋入りの際に報道陣の取材に応じ、相方・井上裕介(36)が11日深夜に都内でタクシーとの接触事故を起こしたことを謝罪した。井上と連絡を取った際の様子については「泣きじゃくってた」と明かした。

 この日はNON STYLEとしての出演予定だったが、井上が活動自粛中のため、石田は単独で出演した。井上の事故以来、初めて公の場に姿を見せた石田は、黒いスーツに黒いネクタイを着用し、憔悴した表情。取材に立ち止まって応じ、集まった報道陣に「このたびは、大変ご迷惑をお掛けしまして、申し訳ございませんでした」と、深々と頭を下げた。

 事故後、井上と連絡を取ったかと問われると、「何年かぶりに井上から電話がかかってきまして、もう泣きじゃくってて、聞き取ることもできないくらいだったんですけど、本当に反省していました」と様子を説明。「すぐにでもこういった(謝罪の)場を設けたいと思っているんですけど、まだ謹慎処分でして、だから僕が先にこういう形になったことも、心の中では本当に申し訳ないと思っていると思います」と井上の心境を慮った。

 石田は井上に対し、「これから一緒に許してもらえるように頑張っていこう。どれくらい時間がかかるかわからないけど、井上の人生は俺の人生でもあるから、また皆さんに笑っていただけるように頑張っていこう」と伝えたという。当面は石田が1人で仕事を続けることになるが、「僕たちの一番いいパフォーマンスは漫才だと思っているんで、また一緒にできるように、ゼロからのスタートのつもりで頑張って行きますので、応援のほどよろしくお願いします」と再びファンに向けて謝罪した。

 井上は13日未明に所属事務所を通じて「その場でよく確認すべきところを怠ってしまい、被害者の方には大変申し訳ありません」と謝罪のコメントを発表。刑事処分が確定するまで、芸能活動を自粛することも併せて発表している。

 【井上の事故】

 11日深夜、東京・世田谷区内の道路で自家用車を運転中、タクシーと接触。相手の運転手に全治2週間の軽傷を負わせたが、事故処理をせずに現場から立ち去った。「弁護士法人・響」の徳原聖雨弁護士によると、相手の運転手がケガをしているため、法律用語では「当て逃げ」ではなく「ひき逃げ」にあたる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス