文字サイズ

アンタ柴田、ファンキー加藤の子も面倒「大きくなるまで育てる」と宣言

 アンタッチャブルの柴田英嗣(41)が8日深夜に日本テレビ系で放送された「にけつッ!」で、ミュージシャンのファンキー加藤と柴田の元妻との間に生まれた子供について、自身が面倒を見ていることを明かした。

 柴田は、加藤と元妻との間に生まれた子供について、MCの千原ジュニアに聞かれると「生まれてきた子も俺が育ててる。自分でやってんの」と衝撃告白。「昨日も(アミューズメント施設に)遊びに行ってるから」とコメントした。

 柴田と元妻との間には子供が2人おり、子供3人を連れてあちこち遊びに連れて行っているようだ。「2人は自分の子だけど、(一番下も)お母さんは一緒だから(上2人と)兄弟だから」と実子と同じように接していると打ち明けた。狩野英孝も「兄弟2人だけ連れて行って、その子だけ置いていくわけにはいかないですもんね」と理解を示した。

 柴田は下の子の父親である加藤へ「本妻もいるから余り強くはいえない」としながらも「俺がどんなに愛情を注いでも俺はやっぱりお父さんじゃないから。どこかのタイミングで『お父さんだよ』と言ってあげて欲しい。それまでは、大きくなるまでは育てるから」と、きちんと育て上げることを約束していた。

 また、一部で加藤から柴田に慰謝料1億円が振り込まれたと報じられたことには「ビックリした。一応、残高照会に行った。本当に振り込んだのかと」と確認にいったものの、1億円振り込まれた形跡はなし。「超大うそです」と笑って否定した。

 柴田は元妻と昨年5月に離婚。その後、元妻は、妻子がいる加藤と不倫の末妊娠し、今年6月下旬に女児を出産している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス