文字サイズ

GENKING 一時借金1千万円「借金して理想を演じた」…蕁麻疹、顔もただれ

GENKING
1枚拡大

 「や~よ!」のフレーズとおネエキャラでブレークしたGENKING=本名・田中元輝=が15日、日本テレビ系「解決!ナイナイアンサー」に出演。ブレークのきっかけとなった華やかな生活を「演じる」ため、一時1000万円の借金を背負ったこと、テレビ出演やネットでのバッシングのストレスで突発性難聴や、全身にじんましんが出るなど、体も心も「限界」となっていたことを明かした。

 一般人ながら12万人を超えるフォロワーを持ち、テレビに出演するようになったGENKING。昨年は214本のバラエティーに出演したが、「とにかく人見知り。テレビに出れば出るほど、(トーク力のなさに)悩み、毎日、緊張と闘ってました」。ネット上の反応を見ては「つまんない」「おもしろくない」「何でテレビ出てるの」などという批判的な声にますますストレスを感じるようになったという。

 インスタでのおしゃれで華やかな生活を維持するため、キャッシングしてまでハイブランド品を次々と購入。「SNS(のフォロワー)が増えちゃってるから、止められなかった。応えるしかなかった。期待は裏切られなかった。借金して理想を演じてましたね」と偽りの生活を演じていたことを明かした。

 海外旅行の際は、片道は無理してビジネスクラスに乗り、その写真をSNSにアップ。帰りはエコノミー、というパターンで、「常に無理してた。毎日火の車」と振り返る。

 昨年3月から10月までの休みはゼロ。突発性難聴になり、じんましんができて、体中ミミズばれのようになった。ついにはフケのようなものが出始め、頭皮からおでこにかけての皮膚もただれるほど、悪化。原因は過度のストレスだった。

 そのうち、りゅうちぇるら“ライバル”の出現で、テレビ出演も激減。「『や~よ』では飯食えない」ことを痛感させられ、「仕事も体力も精神も全て限界。生きるのも嫌だった」と明かす。そんな時、好きだった美容の仕事に力を入れようと決意。今も皮膚は治ってはいないが、美容家として生き生きと活動している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス