文字サイズ

北島三郎 自宅風呂場で転倒し手術 頸椎症性脊髄症、一時歩行も困難に

首の手術を公表するも順調な回復をアピールする北島三郎=東京・西新宿
献杯の発声を担当した北島三郎=東京・西新宿
2枚2枚

 歌手・北島三郎(80)が14日、都内で「星野哲郎氏七回忌の集い」に出席。9月12日に頸椎(けいつい)症性脊髄症の手術を受けていたことを明かした。

 北島は8月下旬に自宅の風呂場で転倒。持病の頸椎(けいつい)の痛みを悪化させ、一時は歩行も困難になり車いす生活となった。これまで入院治療は発表したが「心配をかけたくない」と手術は公表しなかった。

 この日は「順調に回復している。元気になった」と話し、しっかりした足取りで献花などを終え献杯の発声も担当。現在は週1回、リハビリ通院しながら55周年の全国ツアー出演中。競馬のジャパンカップ(27日)に出走予定の愛馬の様子ともども「すこぶる順調」と笑顔を振りまいた。

 また同七回忌に出席予定だった作曲家・船村徹氏(84)は、風邪の症状があり、大事をとって欠席した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス