文字サイズ

一路真輝「殺気を感じました」 96年の「エリザベート」初演時の主演で

製作発表会見に登場した(左から)凪七瑠海、白羽ゆり、水夏希、彩輝なお、麻路さき、一路真輝、姿月あさと、春野寿美礼、大鳥れい、龍真咲
  製作発表会見に登場した一路真輝
2枚2枚

 女優の一路真輝(51)が4日、都内で行われた「エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート」(12月9日初日、大阪・梅田芸術劇場。1月8日から東京公演)の製作発表に参加した。96年の「エリザベート」初演時に死に神トート役で主演した一路は「トートの服装で出たんですが、宝塚の男役トップが死に神をやるのか?そんな、恐ろしいほどの殺気を感じました」と振り返った。退団公演でもあり、話題となった。

 その後、宝塚のエリザベートは通算1000公演を超える看板に。歌劇団理事・演出家の小池修一郎氏(61)は、阪急電鉄会長だった故小林公平氏の眼力に触れ「初演の幕が開いてから、2週間ぐらいですか。小林さんが、これを4組続けてやれとおっしゃった」と明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス