文字サイズ

宮下純一氏、11月1日入籍理由は「本格焼酎の日」

スポーツキャスターの宮下純一
1枚拡大

 1歳年上の一般女性と結婚を発表した北京五輪競泳銅メダリストでスポーツキャスターの宮下純一氏(33)が1日、TBS系「ひるおび」で、11月1日に入籍した理由を明かした。

 番組では、準レギュラーを務める宮下氏が電話で生出演。MCの恵俊彰から「新聞にも書かれてたよ。人生の金メダルゲットって。」と振られると「オリンピックでは銅でしたから、やっと金メダル取れました」と喜んだ。

 お相手の女性に惹かれた部分を聞かれると、「ぼくは焼酎を飲むんですけど、なかなか焼酎飲んでくれる人いない中で、最初からぼくと同じぐらい焼酎を飲んでくれたのがすごくよい印象だった」と、お互い焼酎好きだったことも大きな要因だったと明かした。結婚指輪も「結構頑張りました。給料の三ヶ月分?そうですね。頑張りました」と振り返った。

 恵からは、「どうして(入籍は)11月1日なの?いい夫婦の日で11月22日でもいいし、語呂がいいなら11月11日でもいいのに」と聞かれると、「実は今日は、本格焼酎の日なんです」と、2人を結びつけたアイテムにちなんで11月1日にしたと告白。恵も「やっぱり鹿児島の人だなあ」と感心していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス