文字サイズ

比嘉愛未 琉球王朝の末えいだった 曽祖母が「あんた、知らないの?」と

 女優・比嘉愛未(30)が2日、都内で、主演映画「カノン」の舞台あいさつに、ミムラ(32)、佐々木希(28)らと登壇した。

 ストーリーにちなんで、司会者は「家族から聞いてビックリしたことで絶対ウケるネタを」とムチャぶり。キャストを代表して難題に応じた比嘉は「(地元の)沖縄に帰ったとき、101歳のひいおばあちゃんに、家にある紋章について聞いたら、『アンタ、知らなかったの?ウチは琉球王朝の末えいだよ』と言われて。すごいことなのに、つい最近知りました」と“衝撃の事実”を告白した。

 劇中のクライマックスでは、三姉妹役の次女・比嘉、長女・ミムラ、三女・佐々木が、クラシックの名曲「カノン」のピアノ三重奏を披露。ピアノ初心者だった比嘉は、「1カ月半、ピアノと友達で、毎日3~4時間練習してました」と猛特訓を振り返っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス