文字サイズ

ムロ「ごちそうさん」怪演で抜てき

 女優の柴咲コウ(34)が主演し、来年1月にスタートするNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(総合、日曜、後8・00)の追加キャストが26日、発表され、三浦春馬(26)や高橋一生(35)、柳楽優弥(26)らが会見した。

 戦国時代に男性名「直虎」を名乗り、井伊家の城主となった異色ヒロインの物語。直虎のいいなずけ・井伊直親役の三浦、幼なじみの小野政次役の高橋、盗賊団のかしら役の柳楽、金に汚い豪商役のムロツヨシ(40)、のちに軍師的存在となる和尚役の小林薫(64)…。文献が少なく知名度の低い直虎のみならず、中心人物のほとんどが一般的に無名の役柄といえる。

 ムロツヨシ(40)は12年「平清盛」以来、2度目の大河出演。朝ドラ「ごちそうさん」でムロを抜てきした岡本幸江チーフプロデューサーと脚本家の森下佳子氏がハマり役、と熱烈オファーしたのが、金のためなら何でもするという豪商役だった。

 「私は2人にどう見られているんでしょう」と自虐的に笑いながらも「自分も、役のためならなんでもすると這い上がってきた人生。その人生をしっかり乗せながら演じたい」と意気込み。ムロは「ごちそうさん」では、建築家の竹元教授を怪演、話題を呼んでいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス