文字サイズ

欽ちゃん駒大ファミリー 73歳新入生

 入学式が行われた体育館の前で“欽ちゃん走り”を披露する萩本欽一=東京・駒沢大学駒沢キャンパス(撮影・開出 牧)
 入学式が行われた体育館の前で“欽ちゃん走り”を披露する萩本欽一=東京・駒沢大学駒沢キャンパス(撮影・開出 牧)
2枚2枚

 駒沢大学仏教学部の社会人入試に合格したタレント・萩本欽一(73)が8日、東京・駒沢の同大で行われた入学式に出席した。

 最前列に着席した欽ちゃんは、先生や学友から「欽ちゃん」と呼ばれ、入学オリエンテーションを通じて多くの友人ができたことを明かし、「良い子、悪い子、普通の子、みんないい友達です」と話すなど、73歳の新入生のキャンパスライフは順調に滑り出したようだ。

 50歳以上も年下の同級生に囲まれた73歳の新入生は、リュックサックを背負ったスーツにネクタイ姿で「かわいい!と言われるのがうれしい」と、初々しかった。

 仏教系大学とあってステージに祭壇が設けられ、欽ちゃんは献花、献灯などの式次に興味津々。近くに座った学友に話しかけ、積極的に交流を図った。

 40歳の頃から「いつかは大学に行きたい」と思っていた。昨年3月で大劇場の公演を引退。そこから勉強し、今年1月に社会人入試を受験して合格した。まだ数回しか通っていないキャンパスでは、早くも多くの人に親しまれており、「先生も含めみんな『欽ちゃん』と呼んでくれる。欽ちゃんに戻ったのがうれしい」と喜ぶ。

 オリエンテーションでは、隣の学生から「理解できますか?」と心配された。資料の違うページを開いていたほどで「分からない」と返答。それがきっかけで周囲に溶け込んだ。多忙な欽ちゃんを心配し、学生らが「欽ちゃんと同じ授業を皆で受けよう」「留年はさせない。僕らがいるから大丈夫」と協力を申し出るなど、早くも“欽ちゃんファミリー”ができたようだ。

 「先生の話を聞いているとツッコミどころ満載。でもここは“ツッコむ”でなく聞く場所」と冗談を交え、「大学ではお笑いは封印する」と約束。「4年間学んで何か足跡を残したい」と勤勉を誓い、「野球部に入って自分の母校のユニホームを着たい」と、プロアマ規定で実現が難しい夢も明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス