文字サイズ

シーナさん死去 鮎川誠「幸せでした」

 「シーナ&ロケッツ」のシーナさん(左)と鮎川誠=2008年4月
1枚拡大

 4人組ロックバンド「シーナ&ロケッツ」のボーカルで、しゃがれたパワフルな歌声で愛されたシーナ(本名・鮎川悦子=あゆかわ・えつこ)さんが14日、子宮頸がんのため、都内の病院で亡くなった。61歳。北九州市出身。夫で同バンドのギタリストの鮎川誠(66)はデイリースポーツの取材に対し、「35年、一緒に(バンドを)やれて幸せでした」と、悲しみをこらえ、気丈に話した。

 シーナさんは昨年7月、急病でライブ出演をキャンセル。鮎川によると、この時、末期の子宮頸がんと診断されていたという。

 その後、体調が悪化し、11月下旬に都内の病院に入院。一時退院したものの、今年1月中旬に容体が急変し、再入院。この日、パソコンでバンドの35年分の音楽を聴きながら、ずっと手を握っていた家族にみとられ、息を引き取ったという。

 鮎川は「歌うことが好きで、病気治ったら何したい?って聞かれたら『歌いたい』って。(代表曲の)『ユー・メイ・ドリーム』を『いいな』と聞きながら、息が途絶えました。ハートが大好きだったから、バレンタインが命日(に)なって…」と、穏やかな口調で語った。

 昨年7月のライブ出演は断念したシーナさんだったが、8月に北海道のライジング・サン・ロック・フェスティバルでステージ復帰。9月13日に日比谷野外音楽堂で開催されたシナロケの35周年ライブにも出演した。

 10月23日に都内で行われた、バンドの元メンバー・故橋本潤さんの「生誕55周年祭」が最後のライブ出演となったが、11月の入院後も、もう一度歌いたいと話していたという。

 鮎川は「35年、シーナ&ロケッツを一緒にやりましたけど、シーナはどこにもいない歌手なんですよ。素晴らしい歌手です。ファンの皆さんから愛されて、とても幸せやったと思います」と、最愛の妻をしのんだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス