文字サイズ

阿部寛&上戸彩が草津温泉親善大使に

 俳優の阿部寛(49)と女優の上戸彩(28)が21日、群馬県草津町で行われた映画「テルマエ・ロマエ2」(26日公開)の草津温泉プレミアで舞台あいさつを行い、温泉親善大使に任命された。2人にとっては昨年5月のロケ以来となる草津温泉への凱旋。源頼朝をはじめ同温泉を訪れた歴史的人物の名前を飾るプレートに阿部の役名「ルシウス」が刻まれるなど、温泉文化の顔として笑顔を振りまいた。

 硫黄の臭い漂う温泉街で、阿部ルシウスたちが温泉観光の“看板”となった。

 普段は観光客がカラオケに興じる旅館の宴会場に、スクリーンを設置しての上映会。エキストラ出演した地元住民ら200人を招いてのイベントで、温泉宿のおかみから歓待を受けた阿部は「お湯関係の、心が温まる場所で歓迎してもらえるのはうれしい」と浴衣姿でうなずいた。

 年間4万人が訪れる草津温泉の観光協会は、テルマエによる温泉ブームを待ち望む。協会の山田寅幸会長(75)は「ぜひとも阿部さんと上戸さんには、草津とローマを結ぶ親善大使になっていただいて、日本と世界を近づけてほしい」と2人を温泉大使に任命。地元情報誌にロケ地マップを掲載するなど、効果を期待する。

 草津では、阿部ルシウスはすでに歴史的VIP扱いだ。同所を訪れたとされるヤマトタケルや源頼朝、渥美清ら偉人100人を刻銘したプレート「草津に歩みし百人」に、101人目として、阿部が演じた古代ローマの浴場設計技師「ルシウス・モデストゥス」の名が加わった。

 阿部と上戸は湯もみを体験するなど、思い出の地で温泉文化を満喫。足湯で湯煙に包まれながら心身を癒やした阿部は「世界に誇れる、お風呂につかるという文化を日本だけでなく世界に伝えられると思う」と“大使”として濃い顔を引き締めていた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス