文字サイズ

赤西“優等J卒業”退社初コメント

 2月28日をもってジャニーズ事務所を退社した歌手・赤西仁(29)が2日、自身のフェイスブックやツイッターで、初めて退社についてコメントした。日本語と英語で書かれた文章では、海外活動を進展させたいことから、退社を選んだことを説明。奔放な行動でジャニーズ屈指の問題児と言われてきたが、ファンや事務所への感謝もつづり、“優等生風”にジャニーズを卒業した。

 赤西はこの日、午後5時30分ごろにフェイスブックなどを更新。

 「私赤西仁はこの度、2014年2月28日契約期間満了に伴い、ジャニーズ事務所と契約を更新しない旨を合意致しました」と退社を報告した。理由については「子供のころからの夢である海外での活動も、今まで以上に取り組みたく、今回の合意に至りました」と説明。コメントも、自身のグローバルさを強調するように、日本語と英語の2つの文章で掲載された。

 06年3月にKAT‐TUNでCDデビューした当時から海外志向は強かった。デビュー7カ月後に突如、米国へ留学し、その後、KAT‐TUNを脱退。11年には配信で全米デビューを飾り、夢の一歩を踏み出した。

 だが12年に黒木メイサ(25)との事後報告婚のペナルティーで全国ツアーが中止に。謹慎処分から復帰後も国内での活動が多く、大規模な海外活動からは遠ざかっていた。

 お騒がせのジャニーズ人生だったが、赤西は「今まで様々なことを経験させていただき、支えて下さった事務所関係者の皆様、ファンの皆様に心より感謝しております」と共に荒波を越えてきたファンに感謝。「これからも、ファンの皆様とよりたくさんの思い出を作って行くべく頑張って行きたい」と今後の活動に意欲を見せた。

 だが、現在のところ、新たな所属事務所や具体的な活動予定などは明らかにされておらず、今後の動向が注目される。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス