文字サイズ

上野樹里インフルで舞台あいさつ欠席

 女優の上野樹里(27)がインフルエンザでダウンしたことが27日、分かった。この日、都内で登壇予定だった映画「陽だまりの彼女」の大ヒット御礼舞台あいさつを急きょキャンセル。W主演の嵐・松本潤(30)と三木孝浩監督(39)が2人で観客を盛り上げた。

 冒頭で司会者が上野の病欠を謝罪すると、客席からは驚きの声。上野からは手紙が届き、「せっかくこのような機会をいただいたのに、駆けつけられずにすみません。大事な日を2人に任せてごめんなさい」とのメッセージが読み上げられた。

 松本は不在の上野の“素顔”を「芝居してるときは集中して、カメラが回ってなくても役を描き続けるタイプ。現場にいる姿勢が素敵でした。意外によくしゃべる楽しい人ですね」と明かしていた。

 上野の所属事務所によると、数日前から熱があり、26日に病院でインフルエンザと診断された。もともと28日からはオフの予定で、舞台あいさつ以外の仕事に影響はないという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス