文字サイズ

能年玲奈から杏へ“パワー注入”

 NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」のヒロイン・能年玲奈(20)が10日、大阪市の同局で、次作の朝ドラ「ごちそうさん」ヒロイン・杏(27)へのバトンタッチ会見を行った。「ごちそう‐」は食がテーマとなることにちなみ、能年は「あまちゃん」に“微妙な味”として登場する「まめぶ汁」を杏に食べさせ、高視聴率あまちゃんパワーを注入。今や国民的ドラマとなった「あまちゃん」について「私の基盤となる作品になりました」と胸を張った。

 朝ドラヒロインとしての最後の“お務め”で能年が、杏へのプレゼントとして持ち込んだのは、あまちゃん魂が込められた鍋料理だった。

 「あまちゃん」でその名が広まった久慈市名産の「まめぶ汁」。能年は、次作で食いしん坊のヒロインを演じる杏に「甘いのかしょっぱいのか分からない食べ物として登場するんですが、私はとてもおいしいと思うんです!」と訴えながらオススメした。

 まめぶ汁には興味があったという杏は、勢いよくほおばり「おいしいです!ごちそうさん!」と次作のキーワードを交え感想。まめぶ汁の名誉回復にも成功し笑顔の能年は、杏に「毎日おいしい朝を届けてください」とエールを送った。

 クランクアップから1カ月余り。素顔に戻った能年は、今春の自身がバトンを受けた当時のことを聞かれると「えーっと…去年?」とぽわーん。杏へのアドバイスを求められると「100話前後できつくなるので、そこまでは体力温存してですね…」と杏にヒロインとしての“謎の秘策”も伝授するなど天然丸出し。

 会見では「じぇじぇじぇ!」のフレーズも使いそびれたが、最後は真剣な表情となり「『あまちゃん』は私の基盤になります。いつまでも特別な作品です」と思いを込めてあいさつ。「あまちゃん」を原点とし、女優として大きく羽ばたいていくことを誓っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス