文字サイズ

SKE松村のソロ、指原がプロデュース

 AKB48の5大ドームツアー名古屋公演初日が16日、ナゴヤドームで行われ、SKE48終身名誉研究生の松村香織(23)がソロデビュー曲「マツムラブ!」(発売日未定)を初披露した。

 松村のソロプロジェクトはHKT48の指原莉乃(20)が全面プロデュース。指原は作詞などを手がけたほか、かき集めたスポーツ紙をベースとした衣装もコーディネートし、3万5000人のファンを前にその“全ぼう”をお披露目した。

 指原プロデューサーの“自信作”「ソロアイドル・松村香織」がお披露目された。アンコール冒頭、松村は指原が作詞、選曲を手がけたブリブリのアイドル曲「マツムラブ!」をかわいらしく歌い上げ、3万5000人を熱狂させた。歌唱後にステージに登場した指原は「松村、良かったよ」とねぎらい、「われながらいい曲だったよ」と自画自賛した。

 会場は、松村のいでたちにも沸いた。布地のアイドル衣装をはじめ、帽子やブーツにも色とりどりのスポーツ紙がはり付けられた。衣装コーディネートも指原が行い、松村は頭のてっぺんからつま先までAKBの記事が掲載されている紙面にまみれた。「1万円しか予算がなくて」と苦笑いで説明した指原だったが、低予算で強烈なインパクトを残した。

 総合プロデューサーの秋元康氏(55)から「松村の魅力を引き出せ」との特命メールが届いたのは5月上旬。テレビ出演やHKTメンバー、劇場支配人としての活動などと並行してプロデュース業に精を出した。楽曲だけでなく、振付師に対しても細かな注文を出し、徹夜することもあったという。

 「マツムラブ!」はインディーズレーベル「錦通レコーズ」から1000枚限定で発売される。アイドル好きでアイドルになり、ついには自身のアイデアでアイドルを創(つく)ってしまった指原。“続編”があるかは不明だが、プロデューサーとしても新たな可能性を見いだした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス