文字サイズ

壇蜜、男性の局部にかんぴょう巻いた

 タレントの壇蜜(32)が10日、都内で行われた米映画「フリーランサー NY捜査線」(12日公開)の試写会にゲストとして登場し、男性の局部にかんぴょうを巻いてお仕置きした過去を告白した。お年玉ならぬ“かんぴょうダマ”トークで男性客をあえがせてご満悦の壇蜜は、今年の目標を「無比」とし、オンリーワンのセクシー街道をばく進することを誓った。

 新年早々、エロトークを爆発させた。壇蜜は悪に染まった刑事を演じたロバート・デ・ニーロ(69)をこらしめようと、デ・ニーロマスクの男性に馬乗りになっておしおきしながら登場した。

 司会者から過去のおしおき経験を尋ねられると「男性の局部にかんぴょうを巻いたことがあります」とサラリ。いきなりの発言に年配の女性客はドン引きだったが、意に介さず「ロールキャベツ的な感じで全然大丈夫ですよ」と畳みかけた。さらに「ベッドの横にいつも掛けている手錠に男性をつないで、しばらく放っておいたこともあります」と、放置プレー経験も告白。隠していたS性を解き放ち、会場の男性客をあえがせた。

 会場では生書き初めも披露し、今年の目標を「無比」と発表した。「タレントとしても、女優としても、人間としても替わりがいない存在になりたい。受け入れる人と“いやだ”と思う人の両方の見方をされたいです」と、独自のセクシー路線を貫く覚悟だ。

 先日、テレビ番組で「脱ぐのがつらかった」という趣旨の発言をしたことについては「ホテルで一般の観光客の方もいるところでいきなり『じゃあお願いします』だったので、何だかさみしくなってしまって。露出が評価されるのがいやな訳ではないんです」と説明した。今後も求められればギリギリまで露出する意向を明かし、この日の撮影でも胸の先に「立入禁止」のテープをはるだけの過激ショットを披露。気持ち良さそうにフラッシュを浴びていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    思わずみちゃう

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス