文字サイズ

渋野日向子 猛チャージ66で25位「昨日、一昨日のリベンジをしようと思った」

 「米女子ゴルフ・最終予選会・第1週第3日」(4日、マグノリア・グローブ・フォールズC=パー71、クロッシングズC=パー72)

 渋野日向子(23)=サントリー=はクロッシングズコースで7バーディー、1ボギーの66をマークし、通算4アンダーで72位から一気に25位まで順位を上げた。

 1番はボギー発進となったが、3番で取り返すと、8、9番と連続バーディー。後半も12、13番、15、16番と連続バーディーを重ねてさらに伸ばした。前日は三つスコアを落とした終盤2ホールも連続パーで上がった。

 ホールアウト後は「スタートからこけてしまったんですけど、その後は切り替えて昨日、一昨日のリベンジをしようと思ってやった。最終的に六つ伸ばせて良かった」と猛チャージを振り返った。

 第1週カットラインの70位どころか、最終的に来季出場権を獲得できる45位以内に浮上してきた。「何とかアンダーの場所まで持ってこられたのはすごく良かった。明日につながると思うので、また切り替えて頑張りたい」と明るい表情で話していた。

 古江彩佳(21)=富士通=はフォールズコースで4バーディー、2ボギーの69と3日連続60台で回り、通算9アンダーでトップと3打差の5位をキープ。古江と同組だったルサンブシャール(フランス)が通算12アンダーまで伸ばし、単独首位に立っている。

 110人が出場する最終予選会は2週にわたり、計8ラウンド144ホールで争われる。第1週72ホールの70位タイまでが第2週(9~12日、ハイランド・オークスGC)に進む。第1週のスコアは持ち越され、最終的に45位までが来季のツアー出場資格を得る。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス